ほっさくらって24 時間一緒にいて喧嘩しないの?

こんにちは、
新婚旅行で世界一周しているhossakuraworldの桜子です。

今回は、みんなによく聞かれるこの質問について!!
大暴露していきたいと思います!!!

スポンサーリンク

24時間一緒にいて喧嘩しないの?

お返事としては、
もちろんします!!!です。
しないはずありません笑

なんてったって
トイレとシャワーの時以外、リアルにほぼほぼ隣にいます笑

普通に日本でお互いに働いてたら、ありえない生活ですよね!!
日本でもし普通に私たちが夫婦生活をしていたと仮定すると、

ほっさの前職は、中々忙しい会社だったそうで、
朝7時に家を出て帰宅するのは22時前後が平均的。
(0時には確実就寝していたので、帰宅してから寝るまでの時間2時間+朝6時に起きて会社行くまで1時間=3時間)
つまり、
私がほっさの時間に合わせて働いてたとしても、

まともに会話できる時間は約3時間・・・。
それに比べ、

今は睡眠時間を働いていた時同様、6時間で計算すると

まともに会話できる時間は1日24時間-6時間=18時間

と、まぁ実に長い時間を共にしている私たち。

よく旅で出会う一人旅の方々は、皆さん同様
間違いなくこの質問をしてくれます。

「そんなずっと一緒にいて喧嘩しないんですか?」

前述したように、
もちろん一緒にいる時間が長いだけあって喧嘩はするんですが、

その分、仲直りする時間も十分すぎるほどにあります!!

なので、基本的に長期戦になることはほぼありません!
(過去に一度だけ、ほっさが鬱になりかける長期戦がありましたが)

夫婦生活でも何でも。何より大切なのはきっとコミュニケーション

色んな国を旅してると、
日本では考えられないくらい、知らない人が友達かのように話しかけてきます!

「Are you Japanese?」

みたいな普通の質問もあれば、

「Remember me?」

みたいな日本のナンパでも使わないだろwww というものまで。

みんな思ったことを何も考えずに口にしているんじゃないかと思うような質問をよく耳にします。

また、日本人がせっせと己と向き合いながら無言でトレッキングをしている時も、
他の国の旅人たちは、永遠に喋り続けています!!

そこに半分くらい体力使ってるんじゃないかと思うくらい喋ってます!!

よくもそんなに喋るネタがあるもんだと思いますが、それが何だかちょっと羨ましくもあります。

そして、そんな外国人たちが口を揃えて言うのがこの言葉

「communication is most important!!!!」

なるほど。

日本でも、当たり前のように言われてる基本的なことなんですが、

日本で普通に生活していたら、どんなに密な夫婦でも平日は数時間しか
コミュニケーションをとる時間はないと考えられます。

結局は、喧嘩ってほとんどにおいては、お互いの気持ちのズレだったり思い込みだったり
はじめは至って小さいことが
うまく消化できずにどんどん溝が深まっていってしまって

喧嘩するのも面倒になって

気持ちが離れていく。

みたいな感じなんじゃないかなって。

だから、

私たちの喧嘩が長期戦にならないのも、お互いが認めるくらい仲良しなのも

当たり前っちゃ当たり前なのかもしれません。

これだけ一緒にいたら、お互いがどんなことでイライラするのかも分かってくるし
この先もずっと一緒にいるわけなので、長期戦はお互い疲れるだけなので、
すれ違いはすぐに修復しようと努めるし。

だから、実際のところ、

喧嘩はもちろんするけど、みんなが想像するより遥かにしない方だと思います。



スポンサーリンク


心配なのは、

俄然、帰国してからです。

なんたって今まで24時間一緒にいて、いつでも喧嘩もできりゃいつでも仲直りだって
できた私たちが

数時間で、さらに仕事やら何やらのストレスもある中で
喧嘩やら仲直りやら
しないといけないんですもの・・・
(ってかむしろそれが一般的ですよね)

私たちは、結婚してすぐに二人で旅に出たので、まだその一般的な生活は未知の世界ですが、

少なくともこの旅で、

「communication is most important!!!!」

だということは身をもって学んだので

限られた時間でコミュニケーションを最大限にとって、変わらず仲良し夫婦でいられるようにしていきたいなと思っとります。

これがほっさくら最大の課題であります♪

ほっさくらの帰国後にも乞うご期待!!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です