高収入・高学歴な人としか結婚できないと思ってた私が無職の彼と結婚した理由

こんにちは、
新婚旅行で世界一周している桜子です。

このタイトル、正直これで公開してしまっていいものかどうか悩みました。

だって・・・あからさまに 「高収入・高学歴な人と結婚したい!」だなんて、
かなり計算高くて嫌な女っぽくないですか?笑

ほっさにも 「そうゆう女が一番嫌い」と言われたことあります・・・

でも逆に、そうゆう女と結婚したのもほっさですし、
「高収入・高学歴な人と結婚したい!」と言っておきながら、
無職の彼と結婚したのも私です。

世の中って本当に不思議なもので、こんな風に理想とは正反対の人と結婚する。
なんてこともあるんですね笑

と話がやや脱線してしまいましたが、

今日は、桜子ってそんな女だったんだ・・・と思われることを覚悟して、
こんな記事を書きました!

スポンサーリンク

高収入・高学歴な人が好きだった20代の頃の私

20代の頃の私は、とにかく高収入・高学歴な人にこだわってました

年に一度は海外旅行に連れってて欲しいし、
デートするなら美味しいレストランに連れて行って欲しい。

結婚したら、
都内で話題の高級マンションに住んで、
朝ヨガからのお料理教室みたいな1日を送る生活がしたい

合コンでいますよね、こーゆう女。
まさに私でした・・・(結膜炎眼帯でもpartyに参加。笑)

将来を考えれる彼氏がほしい!と常に思ってはいたものの、
“素敵!!この人なら付き合いたい!!”
と思った人はだいたい既婚者。(と後から知る)

さらには、付き合ってもいない人との将来を考えて悩む。

そんなこんなで彼氏いない歴だけあっという間にぐんぐんアップし、
周りからも 「桜は絶対、誰よりも結婚できなさそう」と言われ続け、

気づいたら私は29歳になっていたのです。

恋のはじまりは突然に

今まで数え切れないほどの合コンをこなしてきたが、
一度も恋愛というゴールにたどり着いたことはない。

さすがに約10年、そんなことを繰り返していても成果が出ないとなると、
合コンで出会うという恋のはじめ方は、私には向かないものなんだと気づく。
(とはいえ可能性がゼロではない限り、挑戦はさせてもらっていた)

そんな時、ほっさと出会った。 (合コンで)

そして、デートをした。(ここまでは、私の中でよくある話)

いつもだったら、だいたいここで

「いいかも!と思ったのに、二人で遊んだら全然面白くないし話も合わない・・・」

と感じてあっけなく終了。振り出しに戻る。となる。

でも、ほっさは違った!しょっぱなから他の男性と違った!

初デートで、自信満々に
「お店は、僕がいい感じのとこを探して予約しておきます」

と言っていたので、
一体どんなお店に連れて行ってくれるのかと期待していたが、
そこは決しておしゃれとは言えない普通の居酒屋だった。

そして、乾杯するや否や質問攻め。
「なんで看護師になろうと思ったの?」

「なんで世界一周しようと思ったの?」

「なんで今その仕事してるの?」

「なんで?なんで?」

面接かと突っ込みたくなるほどだったが、

その全身からは、 世の大人がどこかに置き忘れて見失ってしまっていた素直さがにじみ出ていた。

そして、 「私はもしかしたら、運命の人と巡り会えたかもしれない」と直感で感じたのだった。


スポンサーリンク


今まで、私は相手に様々なことを求めていた。

「お金をたくさん稼げる人であって欲しい。頭の回転は速くあって欲しい。おしゃれでいて欲しい。美味しいレストランに連れて行って欲しい。誕生日にはサプライズをして欲しい。」

挙げだしたらキリがない求めっぷりだった。

自分が何かをしたら、それ以上のリターンがあって欲しいと心のどこかで感じていた。

でも、ほっさと初めて会った時、その全てが泡のように消えてなくなった。

初デートで、
おしゃれなお店を期待した挙句よくある居酒屋に連れてこられても、

二回目のデートでチェーン展開されてる店に連れてこられても、

むしろ愛おしいと感じた。

いままでの自分が背伸びしていた、という感覚はないけど、ありのままでいられたという感覚もない。

でも、ほっさがあまりにも

“ありのまま”

だから、 私は求めるということをしようと思わなくなっていた。

そして、 求めないことがいかに楽か。を感じていた。
私がどこかに置き忘れ、見失っていた素直さを思い出させてくれた。

これは、私の中では、今までにない 新感覚だった。

そして私は無職の彼と結婚を決めた

そんなほっさは、既に働いていた会社を辞め無職だった。

今までの私だったら、無職の人と結婚するだなんて到底考えられない結末であるが、その時、私は不安を感じるどころか、

“この人と結婚したら、なんて可能性に満ち溢れているんだろう。”
と思った。

その素直さが無職というマイナスポイントを伸びしろに変えた。

素直な人は、人の意見を聞ける人であり、成長し続ける人だ。

私が30年で培った結婚観さえ、いとも簡単に消え去った。

素直さとは、最強の武器だ。

一般的には、結婚したら彼の仕事に合わせて・・・
なんてことが当たり前に存在するけど、

無職の彼にそんな必要はない。

結婚して世界一周に一緒に行くなら、時間はたっぷりある。

何がお互いにとって最も大切なのか。どんな人生を歩みたいのか。

ゼロベースでたくさん話し合って、帰国後のライフスタイルを構築していける。

こんなにワクワクすることってない!!!

ほっさとならそんな人生を歩んでいける気がした。

そして今、私は毎日のように実感している。

「ほっさと結婚してよかった!」と。

True love begins when nothing is looked for in return.
本当の愛は、もはや何一つ見返りを望まないところに始まるのだ。
サン=テグジュペリ

30になってようやく。この言葉の意味がわかる気がする♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です