自分を知ることが良好な夫婦関係につながる!?

こんにちは、 プリマリタル(結婚前)カウンセラーの桜子です。
 
今回は、自分を知る(自己理解)についてのお話です。
 

自分を知ることは、どんな場面でも入り口になります。結婚ひとつにしてもそう。
 
自分を知らなければ、どんな人と結婚したいのか?相性がいいのか?すらわかりませんし、理想の未来を描くにも、自分を知らなければデザインしていけませんよね。
 

自分を知ること、が幸せな人生を送る上での大きな一歩につながるので、
自分を知る時間を作ってみよう!という人が増えたらいいなぁという思いを込めて、記事を書きたいと思います。


スポンサーリンク

 

自分と性格について


それではまず、自分を司る「性格」という視点から。
 

それぞれみんな、「性格」があり、その「性格」は人によって100人いれば100通り。

性格を構成する要素は遺伝、育った環境、受けた教育などによって変わってきますよね。

一緒に生活するパートナーや、一緒に働くメンバーに対し「もっとこういう性格になってくれたら…」と思った経験も多々あるかとは思いますが、基本相手の性格を変えることはできません。
 
でも、自分の性格は果たして変えることができるのでしょうか?
 

性格は変えられる?


自分の「考え方の働き」を理解すことで、性格を変えることは可能だと心理学的には考えられています。
 
では、自分の考え方の働きを理解するには、どのような方法があるのでしょうか? 

考え方の働きには
1,心を守る
2,自分をまとめる
3,人とやりとりをする

という役割があります。
 
このバランスをうまく取りながら、自分というものは保たれているのですが、無理に性格を変えようとすると、心が壊れてしまったりすることもあるので、バランスがとても重要です。
 
性格を変えたい!と思った時に大切なのは、無理をせず今の自分をまずは受け入れてあげること。
 

中には、今の自分の性格がすごくいや、という方もいますよね。
そんな時は自分一人で思い悩まず周りのお友達や、プロのカウンセラーに相談してみることも大切です。

 
自分の世界だけで、物事を判断せず、広い視野を持つことを心がけてみましょう。
 

今いる世界はすべてではないのです。

スポンサーリンク

自分を客観的に見る


自分の思っている自分と、人からみたあなた、は一致していますか?
 
人間は案外自分のことが一番わからない生き物です。
 

とはいえ、客観的に自分を見ることができるかどうかは、いかなる場面においても非常に重要。
 
どんな時も、自分自身を客観的に見れる力を養いましょう。
 
その方法としては、素直に人に「わたしって、どんな人間?」と聞いてみたり、エゴグラム分析をしてみるのも有効です。
 

客観的な意見が、自分を知れるとても大きなヒントに繋がります。
 

ぜひやってみてくださいね。
 

自分を知ることが良好な夫婦関係につながる


これってなんでかわかりますか?
 

つまり、自分を知らずして良い関係を構築するのはめちゃくちゃ難しいということです。
 

自分を知らなければ、自分が伝えたいことを上手に相手に伝えたり、共感してもらえないので、良好な人間関係を構築しずらくなってしまいます。
 
そもそも夫婦とは元は赤の他人であり、それぞれ生きてきた土台があります。
 
夫婦の考え方や価値観は、違って当たり前。
 

その前提を理解した上で、相手との良好な関係を築くために、自分がどんな人間で、何を大切に生きていきたいのか。
何が好きで、何が嫌いなのか。どんな人生があなたにとって幸せなのか。

がわからなければ、なかなか理想の夫婦には近づけません。
 

就活で例えるなら、自分を知らずして、理想の会社なんて見つからないし、何をアピールすれば有効なのかすらわからなければ、その就活って、かなり先行き不安ですよね。
 

自分を知って初めて、理想の夫婦を目指していくことができ、相手に思いやりを持てたりするものです。
 
良好な夫婦関係を目指すためにも、まずは自分を知る、そしてどんな自分も受け入れることから初めてみて欲しいなと思います。
 

プリマリタルカウンセリングは、エゴグラムを活用して、自己理解のサポートをすることも可能です。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。
 

プリマリタルカウンセリングについてのお問い合わせ先

https://j-mca.com/contact

 

スポンサーリンク