【アテネ→サントリーニ島の行き方】飛行機、フェリー、高速船を徹底比較

こんにちは、
新婚旅行で世界一周しているほっさです。

日本を出てから早くも10ヶ月が経ち、
今はずっと憧れていたギリシャの
サントリーニ島
に来ています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サントリーニ島に来る前はアテネにいたのですが、サントリーニ島までのアクセス方法がいくつかあってどれを利用するかとても悩みました。

具体的には

・飛行機
・フェリー
・高速船

の3パターンがあります。

アテネ⇄サントリーニ島間、

ぼくのようにどの移動手段を利用するべきか悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか?

そこで今回のブログでは、
それぞれの価格やかかる時間、
注意すべき点などをまとめてみました。

アテネからサントリーニ島を目指す予定の方は
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

サントリーニ島へ飛行機で

ぼくは、アテネから飛行機でサントリーニ島に移動をしました。

LCCを含む複数の航空会社がアテネ⇄サントリーニ島便を運行しています。

航空券を探す時は、ぜひスカイスキャナーを利用してみてください。

どの航空会社のどの便がもっとも安いか一目でわかるので、とっても便利です。

 

こちらのブログをチェック!
スカイスキャナーの使い方と裏ワザ!20万以上も安く航空券をゲット?

飛行機の価格

7月中旬にOLYMPIC AIRを利用し、
片道約8,000円程度でした。

もちろん日や時間によりますが、
総じてOLYMPIC AIRもしくはRYAN AIRが最安です。

相場は片道8,000円前後、

高くても片道10,000円を見ておけばカタいと思います。

ちなみに、アテネ→サントリーニ島の便はたまに LCCがセールを出します。

それをうまく見つけることができれば、
6,000円近くで航空券を購入できます。

飛行機の時間

約40分程度です。あっとゆうまでした。

飛行機の注意点

飛行機の運行は 5月〜10月が基本です。

それ以外はオフシーズンのため一気に便が減ってしまいます。

また、RYAN AIRやOLYMPIC AIRなどのLCCは預け荷物等の制限がとても多いので、 必ず事前に制限内容を調べておいてください。

高額な手数料や超過料金を請求されてしまう可能性があります。

こちらのブログも合わせてチェック!
ライアンエアーの注意点まとめ!乗る前に知っておきたい6つのこと

スポンサーリンク

サントリーニ島へフェリーで

複数のフェリー会社がアテネ⇄サントリーニ島便を運行しています。

フェリーを探す場合は、
directferry
がおすすめです。

どのフェリー会社のどの便がもっとも安いか一目でわかるので、わざわざ各フェリー会社のHPをチェックする手間が省けます。

また、フェリーと同時に高速船も合わせて検索することができます。

フェリーの価格

片道4,000円〜9,000円程度です。フェリー会社や、選ぶ日、時間によって異なります。

フェリーの時間

約8時間〜12時間程度です。

利用するフェリー会社によって異なります。

※directferryを利用すれば、かかる時間も一目でわかるようになっています。

フェリーの注意点

天候によっては欠航になる場合もあるそうです。

フェリーを利用する場合は、事前に天気予報を調べておくといいと思います。

ちなみに、どのフェリー会社を選んでもフェリーのクオリティには大差ありません。

サントリーニ島へ高速船で

フェリー同様、複数の会社がアテネ⇄サントリーニ島間の高速船を運行しています。

高速船を探す場合も、 directferryがおすすめです。

高速船の価格

片道約8,000円〜9,000円程度。

高速船の時間

5時間〜6時間程度。

高速船の注意点

基本的な注意点はフェリーと同じです。

天候によっては欠航になる場合があるので注意が必要です。

高速船を利用する場合は、事前に天気予報を調べておくといいと思います。

ちなみに、どの会社を選んでも船のクオリティには大差ありません。

まとめ&おすすめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1、高速船という選択肢はない。

高速船と飛行機は値段があまり変わりません。

であれば、時間のかかる高速船をわざわざ選ぶ理由はありませんよね。

時間のない短期旅行者も、

お金のないバックパッカーも、

いずれにせよ高速船を利用するのはやめましょう。

2、時間のない短期旅行者なら、飛行機の1択

新婚旅行や女子旅など、
時間に限りのある短期旅行者の方には
飛行機での移動が絶対オススメ
です。

時間をお金で買いましょう。

3、お金のないバックパッカーなら、フェリーがオススメ

バックパッカーには、 もっとも安く移動できるフェリーがオススメです。

長期旅行を見据えるぼくたちバックパッカーにとって、たった500円の差はとてつもなく大きいですもんね。

選ぶ日や時間によって値段が変わってくるので、先ほどご紹介したdirectferryでもっとも安いフェリーを探してみてください。

また、日によってはフェリーも飛行機もそんなに値段の差がない場合があります。

念のためスカイスキャナーも絶対チェックしておきましょう!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です