ウユニ塩湖におすすめな服装コーデまとめ!あると便利な持ち物は?

こんにちは。
新婚旅行で世界一周していたほっさです。

近年話題になっているウユニ塩湖。

噂に違わぬ絶景で、
世界で1番感動しました。

是非死ぬまでに行ってほしい!
と思ってるのですが、ウユニ塩湖に行くにはいくつか注意点や気をつけたい事があります。

それは服装や持ち物について。

今回は、ウユニ塩湖でのおすすめの服装や必要な持ち物についてご紹介したいと思います。

これからウユニ塩湖への旅行をお考えの方は是非参考にしてみてください。

▼こちらのブログもチェック!
ウユニ塩湖への行き方まとめ!個人でも行けちゃうって本当?
ウユニ塩湖の星空、撮影してきました!360度広がる満天の星
ウユニ塩湖画像まとめ!世界一周してダントツ最も感動した場所

スポンサーリンク

ウユニ塩湖の気候や気温について


戦うにはまずは敵から!
という事で、まずはウユニ塩湖の気温や気候についてご紹介します。

出典元:http://onlyone.travel/uyuni-salar/

黄色の線が最高気温、青い線が最低気温です。

ウユニ塩湖は南半球に位置しているため、
日本と季節は反対。

つまり、
ハイシーズンの1月〜3月は夏になります。

とはいえ日本の夏と同じだと思って
半袖半ズボンで行くと痛い目にあいます。

グラフにも出ているように、
夏とはいえ最低気温は0度近く。

1日の寒暖差がとても激しいのでご注意ください。

昼は半袖で全然問題ありませんが、夜はダウンを着ていても寒いくらい冷え込みます。

おすすめの服装とは?

昼間編

昼間はこんな感じでした。 半袖でOK!
半袖でも少し汗ばむ感じです。

夢が叶ったの、本当に嬉しい #uyuni #nikon #nikond750 #ウユニ塩湖 #ウユニ #trip #selfportrait #bolivia

megumi kudoさん(@meguminnieeee)がシェアした投稿 –

ですが、ウユニ塩湖は相当日差しが強いため、
日焼けの気になる方は ウインドブレーカーを持っていきましょう!

さくちゃんはノースリーブのワンピースでウユニ塩湖に行き、日焼けで真っ黒になって後悔していました。笑

長靴を履く事になるので、半ズボンはやめましょう!
おそらくかなりダサいスタイルになってしまいます。笑

また、長靴を履いたとしてもズボンは塩で汚れる可能性があります。

簡単に汚れを洗い落とせる アウトドア用の防水機能付きパンツがおすすめです。

夜編

夜はお待ちかね、360度に広がる星空ツアー!

星空ツアーは夜中1時からのスタートです。

これでもか!ってくらい防寒着を着込んで行きましょう!

ぼくは上下ヒートテックに、ユニクロのウルトラライトダウンを着て、さらにダウンブルゾンを羽織っていました。

夜のウユニ塩湖はまじで寒いです。

これだけ着込んでも凍え死ぬかと思いました。

スポンサーリンク

おすすめの持ち物とは?

高山病対策

ウユニ塩湖は標高およそ3,800m。

富士山よりも高いところにあります。

そこで気をつけなければいけないのが 高山病です。

実際ぼくの周りも何人かウユニ塩湖で高山病にかかっていました。

《高山病の予防薬》

日本から短期旅行でウユニ塩湖に行く方は、事前に高山病の予防薬を医師に処方してもらいましょう。

《大量の水》

高山病対策には、大量に水を摂取する事が有効だと言われています。

日本から持って行く必要はありませんが、現地に着いたらすぐに水を購入しましょう。

ぼくは1日3リットル飲むようにしていました。

紫外線対策

ウユニ塩湖は日差しがめちゃくちゃきついです。

紫外線は日本の30倍だと言われています。

《サングラス》

これだけは絶対必須!

さくちゃんは、紫外線が強すぎて目が真っ赤に充血してしまい、痛くて目が開けられないという状態が数日続いていました。

《日焼け止め&保湿クリーム》

美意識の低いぼくも、さすがに塗りました。
おそらく人生で最も肌がカサカサになったと思います。笑

防寒対策

《ホッカイロ》

ホッカイロは現地で手に入りませんので、
日本から持っていきましょう。

星空ツアーに参加する方はホッカイロ必須です!

《ヒートテック》

出典元:http://49hack.jp/uniqro-ultrawarm/

防寒着の代名詞ですね。
上下ともに持って行くのをオススメします。

《手袋》

あるとないとでは全然違いますよね。

繰り返しになりますが、 これでもか!ってくらい防寒対策していきましょう。

最後に、長靴についてお伝えします。

長靴はツアー会社で無料レンタルできますので、持参する必要ありません。

ウユニ塩湖での服装や持ち物についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ウユニ塩湖は標高が高かったり1日の寒暖差が大きかったりと色々注意が必要なスポットですが、今回ご紹介した服装・持ち物さえあれば問題なく乗り切れると思います。

万全の準備をして、世界最高の絶景を思う存分お楽しみください。

▼こちらのブログもチェック!
ウユニ塩湖への行き方まとめ!個人でも行けちゃうって本当?
ウユニ塩湖の星空、撮影してきました!360度広がる満天の星
ウユニ塩湖画像まとめ!世界一周してダントツ最も感動した場所

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です