夫婦で過ごすウェルビーイングな時間の作り方

こんにちは、 プリマリタル(結婚前)カウンセラーの桜子です。
 

新型コロナウイルスの影響で、夫婦で過ごす時間は大幅に増え、喜んでいるカップルがいる一方で「コロナ離婚」というキーワードもありました。

本来、愛する人と一緒にいる時間が増えたら嬉しいはずですが、それぞれの夫婦のカタチがあるのもまた事実。
 
 
それなりに仲のいい夫婦だとしても、こんなに長期間に渡って、夫婦の時間が多いと、戸惑うかもしれませんね。
 
 
そこで今回は、旅中24時間×500日を経験した、“自粛のプロ夫婦”が教える、「ウェルビーイングな夫婦時間の作り方」
 

を紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

近くの公園に椅子持参でウェルビーイングなお昼時間


なかなか遠出ができないこの期間。ずーっと家にいるのも気が滅入ってしまいがち。
それならば!
 

近くの公園で椅子を持参して、こんな風に過ごすのはいかがでしょうか?
 

公園の木陰って、予想以上に涼しくて気持ちがいいもの。
近くのコンビニで飲み物とおつまみを買って、時にはお酒を片手にピクニック。
 
(海外の公園って基本、飲酒NGなので、その点日本はめちゃくちゃ寛容)
 
それぞれ好きな本を持参して読んだり、未来会議をしたり。
 

家ではなかなか話せないことも、開放的な環境に身をおくと人って自然と気持ちも軽やかになり、自然と会話をするようになったりするんです。
 

なんてウェルビーイングな時間。
 

できれば、徒歩か自転車で行くと運動不足も解消されるので、さらにウェルビーイングになりますね。
 

金曜日の夜は少し贅沢に、お家で乾杯


これまでは、一週間のストレスを発散するべく、金曜日の夜はお友達や同僚、または交際中の彼と飲みに行くのが定番!て方も多いはず。
 

でも、なかなかそれが気軽にできないこの状況で、ほっさくらがおすすめするのは、少し贅沢なお家時間。
 
・普段はすぐに予約が埋まっちゃうレストランのメニューをデリバリーする
・デパ地下で好きなものを好きなだけ
・ちょっと良いワインで乾杯
・照明はろうそくで雰囲気も大切
・BGMも忘れずに

 

個人的に、ちょっとした贅沢を楽しめるって、夫婦関係においてめっちゃ大事だと思っています笑

 

金曜日に飲みに行っていた分の金額出せば、お家時間は相当贅沢なものにできるはず。
 

また、ちょっとした演出をお家でもしてみると、BARにいるような気持ちで会話もはずむので、ぜひ試してみてくださいね。
 

スポンサーリンク

効率より大切なこともある。一緒に家事をしてみる


夫婦揃って料理を作る、洗い物をする、洗濯物を干す。
 
きっと、ほとんどの夫婦は役割が決まっているかもしれません。

効率を考えたら、分担した方がいいなんてことは一目瞭然。
 

でも、夫婦関係において大事なのはそこじゃない。
 

効率よりも大事なことが沢山あります。
 

一緒に何かをする、ことで、忘れかけていた新鮮な気持ちが蘇ってくるんです。
当たり前に慣れすぎてしまうと、人は感謝を忘れがちですが、改めて、感謝の気持ちも湧いてきます。
 

時間があるのなら、時間も有意義に大切に。
 
夫婦関係において大事なのは、思いやりということを、思い出してみてくださいね。
 

 

最後に


みなさんいかがでしたでしょうか?
 

コロナウイルスを機に「日常の当たり前がいかにありがたいか気づいた」という声を本当に多く聞きます。
 

当たり前が当たり前になりすぎると、なかなかその当たり前に感謝する時間を忘れてしまいがちですが、人生を豊かにしてくれる最大の要素はその「当たり前」だったりするんですよね。
 

ある意味、この機会は、これまでを見直すチャンスでもあります。
 

効率より、ウェルビーイングな時間を、たまには意識してみてくださいね。
 

プリマリタルカウンセリングについてのお問い合わせ先

https://j-mca.com/contact

スポンサーリンク