ハワイアン航空の手荷物制限が厳しすぎる?大きさやサイズなど徹底解説

こんにちは。
新婚旅行で世界一周しているhossakuraworldのほっさ(@hossakuraworld)です。

LCCを利用して国から国へと移動を繰り返しているのですが、いまだにLCCには慣れません。

LCCはいろいろ制限が多すぎます!涙
 
 

最近手を焼いたのが、ハワイアン航空です。

とにかく手荷物制限が厳しかった・・・。涙

そこで今回は、ハワイアン航空の手荷物制限についてまとめてみました。
 
 

  • ハワイアン航空の手荷物制限内容は?
  • 制限を超えた場合はどうなるの?
  • 免税品は?
  • 液体は?

こんな疑問をお持ちの方は、ぜひ参考にしてくださいね(^ ^)
 
 

▼こちらのブログもチェック!

関連記事:LCCの注意点とは?気をつけるべき13個の落とし穴とその対策まとめ

関連記事:LCCのメリットとデメリットをまとめてみた!体験談を交えながら注意点も徹底解説

スポンサーリンク

ハワイアン航空で手荷物は無料?有料?

ハワイアン航空では、 無料で機内に手荷物を持ち込むことができます。

しかし、個数やサイズに関して制限があるので注意してください。

手荷物の個数やサイズ、重さの制限は?

ハワイアン航空
  • 個数:1個
  • 重さ:11.5kg
  • サイズ:55.9cm ×35.6cm ×22.9cm

キャリーバッグを購入する際はしっかりサイズについて確認しておきましょう!

エンパイア航空が運航している「オハナ・バイ・ハワイアン」便に限り、頭上の収納棚に入らない荷物は、搭乗口にて預け荷物として預けなければいけない場合があります。

制限を超えたらどうなるの?

  • 重さ:11.5kg
  • サイズ:55.9cm ×35.6cm ×22.9cm

もし手荷物が上記のサイズ、重さを超える場合は、手荷物を機内に持ち込むことができません。

その場合は、預け荷物に変更してください。

余分な手数料を支払うのは避けたいので、重さやサイズは必ず事前に計っておきましょう。

スポンサーリンク

ハワイアン航空で免税品は持ち込めるの?

ハワイアン航空では、手荷物検査後に購入した免税品は 無料で持ち込むことができます。

お土産はもちろん、
空港内で食べる食べ物なども問題ありません。

エアソウルを含むLCCは機内食が有料のため、
これは嬉しいポイント!

ハワイアン航空で液体は持ち込めるの?

最大100mlまでの容器に入れなければいけないとされています。

それ以上の大きさは持ち込むことができないので、捨てなくてはいけません。

容器が複数ある場合は、透明で開閉可能なプラスチックの袋に入れて持ち込みましょう。

液体物は合計1リットルまでしか持ち込むことができません。

飲み物だけでなく、マスカラや日焼け止め、シャンプーなども対象になるので気をつけてください。

手荷物以外に持ち込めるものは?

子供同伴の場合は、下記の3点について例外的に機内への持ち込みが許可されています。

  • チャイルドシート
  • ベビーカー
  • ベビーシート

 
これらの荷物は預け手荷物として、無料で預けることも可能です。

これらは頭上の収納棚、もしくは前の座席の下におさまるものでなくてはなりません。

以上、ハワイアン航空の手荷物制限についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ハワイアン航空はいろいろ制限が多く、それらを事前に予習しておかないと高額な超過料金を支払うことになりかねません。

ハワイアン航空を利用する時は、事前に情報を調べた上で搭乗してくださいね(^ ^)
 
 

▼こちらのブログもチェック!

関連記事:LCCの注意点とは?気をつけるべき13個の落とし穴とその対策まとめ

関連記事:LCCのメリットとデメリットをまとめてみた!体験談を交えながら注意点も徹底解説

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です