ランペドゥーザ島の治安や防犯対策まとめ!実際行ってみた感想は?

こんにちは、
新婚旅行で世界一周しているほっさです。

日本を出てから早くも10ヶ月が経ち、今は イタリア・ランペドゥーザ島に来ています。

ベストセラー書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」 世界一の絶景に選ばれたランペドゥーザ島。

船が浮いて見えるほど透明な海
まさに絶景でした。

是非みなさんにもランペドゥーザ島をオススメしたいのですが、

アフリカに近いこともあり、

治安が気になる方も少なくないのではないでしょうか?

今回は、実際にランペドゥーザ島に行ってみて

・治安はどうだったのか?
・ぼく自身は危険な目にあったのか?
・どういった防犯対策をしていたのか?

についてブログを書きたいと思います。

これからランペドゥーザ島に行く方は、
是非参考にしてみてください。

ランペドゥーザ島ってどこにあるの?

ランペドゥーザ島は地中海に浮かぶ小さな島で、 イタリア領最南端の島です。

上の地図で、赤いピンの場所がランペドゥーザ島です。

英語留学なんかでも人気のマルタ島のすぐ西。

地図を見てもわかるように、
ランペドゥーザ島は北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領です。

ちなみに、

島はこんな形をしています。

長さ9kmという小さな島で、約5,500人の人が暮らしています。

実際に行ってみて、ランペドゥーザ島の治安はどうだった?

ぼくがランペドゥーザ島に滞在したのは2日間。

決して無責任なことは言えませんが、
治安は良いと思います。

夜も普通に街を歩いていましたが、

強盗に襲われるような、

そんな危険を感じたことはありませんでした。

イタリアで言えば、ナポリなんかの方がよっぽどヤバイ雰囲気だったと思います。

実際に行った防犯対策

スリ対策

治安が良さそうとはいえ、
どこの国・地域でもスリのリスクはあります。

ランペドゥーザ島に限らず、海外旅行の際はしっかりスリ対策を行いましょう。

《リュックサックは前に》

ランペドゥーザ島では、 常にリュックサックを前に背負っていました。

これが もっとも簡単にできる、でももっとも効果のあるスリ対策だと思います。

ぼくはどんな治安の良さそうな場所でも、
必ずリュックサックは前に背負っています。

《南京錠でカバンをロック》

念には念を。

カバンには、
常に南京錠をかけて移動していました。

南京錠さえかけておけば、
カバンから何かをスられる心配はありません。

バックパッカー・パックツアーなど旅のスタイルに限らず、 南京錠は海外旅行をする際の必須アイテムです。

海外旅行の際は常にカバンに南京錠をつけて移動しましょう。

ちょっとしたことで被害にあう率はグッと変わってきます。

ビーチでの置き引き対策

多分ランペドゥーザ島でもっとも気をつけるべきは、 ビーチでの置き引きだと思います。

ビーチで海水浴を楽しんでる時って、どうしても荷物を無防備に置いておかざるをえないんですよね。

置き引きにあうリスクを0にすることはできませんが、限りなく0に近づけることはできます。

やれる範囲でしっかり置き引き対策を行いましょう。

《南京錠でカバンをロック》

移動している時と同様、カバンは忘れずに南京錠でロックしておきましょう!

ちなみに、カギタイプではなく
番号タイプの南京錠がオススメです。

カギをなくしてしまうリスクがありますから。

《自転車用のチェーンでカバンをロック》

しっかりカバンに南京錠をかけていたとしても、カバンごと持っていかれてしまう可能性があります。

そんなリスクを防ぐのにオススメなのが、
自転車用のチェーンロックです。

カバンと木に自転車用のチェーンロックをかけておけば、まず置き引きにあうことはありません。

そもそも、

無防備に置いてあるカバンが無数にある中で、
わざわざチェーンロックと南京錠のついた面倒臭そうなカバンを狙おうとしないですよね。笑

アフリカからの不法移民・難民問題

ランペドゥーザ島は北アフリカからもっとも近いヨーロッパ領のため、

ヨーロッパを目指すアフリカからの不法移民・難民の目的地となっています。

そのため、ランペドゥーザ島の近海ではしばしば難民を乗せた船の海難事故が発生しています。

ですが、実際ぼくが滞在した2日間では1人もアフリカ系の人を見ませんでした。

不法移民・難民がランペドゥーザ島に着いたからといって、

すべての人たちがランペドゥーザ島に留まるかといえば当然そうではありません。

そこを足がかりにイタリア本土や、より経済の潤っている北ヨーロッパを目指す人が大半です。

なので、

【不法移民・難民問題とランペドゥーザ島の治安は関係ない】

これが、実際にランペドゥーザ島に訪れたぼくの感想です。

以上、ランペドゥーザ島の治安や防犯対策についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

不法移民や難民などセンシティブな問題を抱えているランペドゥーザ島ですが、治安は悪くないと思います。

しっかり防犯対策をして、気をつけるべきことにしっかり気をつけていれば、よっぽど大丈夫。

過度に心配しすぎず、思う存分世界一の絶景を楽しんじゃってください!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です