日本人は神様を信じていないのに、なぜみんな人を殺したりしないの?

こんにちは、
新婚旅行で世界一周している桜子です。

タンザニアですごく考えさせられた質問を受けたので、
今回は、その時のお話をしたいと思います。

みなさんだったら、この質問にどう答えますか??

ちなみにタンザニアってどんな国?
タンザニアは中央アフリカの東に位置する
貧困率34%の最貧国。
アフリカ最大のサファリ”セレンゲティ”があり、それ目的での旅行者が多い。

スポンサーリンク

日本人は神様を信じていないのになぜ、
みんな人を殺したりしないの?

ある日、タンザニアのホテルで朝食をたべてたら、
隣のテーブルに座ってたタンザニア人オマーンにこう話しかけられた。

オマーン「君たちはどこから来たの?」
ほっさくら「日本です」

オマーン:「僕はクリスチャンだけど、君たちは?」

ほっさくら「特に信仰してる宗教はないから、クリスマスにはクリスマスパーティーをするし、年末には神社にもいくよ」

オマーン「すごく不思議なんだけど、日本人は神様を信じていないのに、なぜ、みんな人を殺したり物を取ったりしないんだい?」

あまりに衝撃的な質問だった。

日本で普通に暮らしていたら、
まずでてこない質問だと思う。

私たち日本人からしたら、
特に信仰してるものがなくても、
人を殺したり
物を取ったりするのは、
人としてしてはいけないこと
という考え方が普通にある。

でも、そうでない人たちがこの世にはいるんだって思った。

タクシーに乗ったら強盗に遭うタンザニア

タンザニアでは、タクシー強盗が日常茶飯事で頻発している。

実際、タクシーに乗って強盗に遭いました
という旅人に5人くらい出会った。

タンザニアのタクシー強盗とは?
強盗犯とタクシーの運転手はグル。
目的地とは違う場所に連れて行かれ、
ナイフや拳銃を持った犯人グループがタクシーに乗り込んできて、金品を盗られるというもの。

命は助けてやるから抵抗するな。
と脅され金品を盗られる。
ほとんどはそんな手口だけど、

ある人のブログでこんな記事を読んだ。
詳しくはこちら
タクシー強盗に遭ったとき、
一緒に乗っていた韓国人が特殊部隊出身だったようで、
なんと!!

犯人の首をナイフで刺して
抵抗したらしい。

なんとかそのタクシーを奪い逃走し、
命からがら逃げ延びた。
という映画のような
本当の話があったそう。

さらに私が驚いたのは、
その後の展開だ。

警察で事情を説明したところ、
犯人を刺した韓国人は、警察から拍手喝さい
「マサイ」の称号をもらって終わったらしい。

日本だったら間違いなく
大事件のこの話も、
ここでは笑い話。

殺るか、殺られるか。

そんな世界がまだまだこの地球上には
たくさんあるんだ。
そう実感させられた記事だった。

日本は世界のどの国よりも平和だから、
海外に行く時は人一倍気をつける必要がある。

でも、次元が違う。

もちろんその事件では強盗が悪い。

しかし、それで終わりなのか?

首を刺された犯人は
果たしてどうなったんだろう。

生きてるのか
死んでるのか。

それは定かではないけど、

人の死が
私たち日本人より身近なことは確かだ。


スポンサーリンク

「日本人は神様を信じていないのに、なぜみんな人を殺したりしないの?」

実際、この質問に私はうまく答えられなかった。

・そういう教育を受けてきたから?
・日本が平和だから?
・捕まるのが怖いから?

果たして本当にそれだけだろうか。

「日本人は神様を信じていないのに、なぜみんな人を殺したりしないの?」

みなさんだったら、
この質問にどう答えますか??

スポンサーリンク

6 件のコメント

  • 私は「人の自由を奪う権利は誰にも無いから」と答えます。
    普段あまり考えないことを考えるのって楽しいですよね。

    • コメントありがとうございます♪なるほど!!!確かに納得です!もしまたオマーンに会う事ができたら、そう言ってみたいです。
      そしたら、なんて返ってくるのかがまたきになりますよね!!
      本当にその通りで、きっと同じ日本人だったら中々こんな視点で会話することはないので、とても刺激的でした!!またそんな世界の色んな価値観をシェアしていけたらと思うので、また気軽にのぞきにきてもらえたら嬉しいです♪

  • はじめまして!こんにちは!
    日本は島国で、昔から簡単に人の出入りは出来なかった、、貿易とかも苦労したんじゃないかなとおもう。
    特に災害にあったときは、助けが来る前に自分たちでなんとかしなきゃ、ってなる。
    だから昔から助け合いの精神が育って来てそれが当たり前になっているんじゃないかなー?村単位でも。
    思いやりや気遣いからの行動を大事にしているなんじゃないかなー。
    今でもご近所さんに挨拶するとかありますよね!(薄くなって来たけど)なんかあったときにはお互い様、みたいな。
    ぎゃくに、気に入らないときは仲間外れにするとか、いじめをしてしまうんだとおもう。。。
    島国、思いやり、っていうのも一つ理由にあるんじゃないかな?と思います♡

    拙すぎる文章でごめんなさい!

    • コメントありがとうございます。本当にこんな小さな島国がここまで発展を遂げれたのはすごいことだなと
      改めて感じるとともに、先人の方々には尊敬の念です。島国だからこその視点。は私も旅をしていて
      あらゆるシーンで感じるので、それも一つの理由かもしれません。
      こうしてコメントまで頂けて嬉しいです。これからもまた、旅で感じたことなどを発信していけたらと思いますので、
      おひまなときに遊びに来てくださいね。

  • 日本人は決して神様を信じていないわけではなく、昔から八百万の神様と言われてきているため、どこにも神様をつけたがるらしい。だから、トイレにも神様はいるし、色々な宗教の神様を受け入れているって聞いたことがあります。

    しかも、日本は昔から島国だから、協力することを教えてもらってきた。
    大陸だったら国同士取り合い奪い合いで、生きて行く環境だけれども、島国だからこそ協力しないと生きていけない。その国々が昔からどうやって生きてきているのか大陸や島国の違いが出てきていると私は思います。

    私はタイで仕事をしているからこそ学んだかなと思っています。

    • まぶまりさん、コメントありがとうございます。

      色々な宗教観のある日本はある意味、とても素敵だし貴重な立場の存在だよなぁと
      旅にでて感じています。

      島国だから協力していく国民性。

      確かにそれは大きく影響しているかもしれませんね。
      地震の時なども、そんな日本の良さを強く感じました!!

      タイで仕事をされているのですね。
      日本を離れてるからこその貴重なご意見、ありがとうございます。

      私も、改めて日本という国について考えてみたいなと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です